一戸建てを検討しているなら戸建ての住宅展示場で検討する

条件付き土地への注意

建築条件付き土地について知っておこう

一戸建て住宅を建築する場合、金銭的に余裕があれば自由建築を選ぶ人が多いのですが、まずは土地を購入する必要があります。土地を探しているうちに建築条件付き土地という土地を見つけることがあります。条件付きということで何やら制約がありそうですが、そもそもこの建築条件付き土地とはいったい何でしょうか。 簡単に言うならば、その土地に特定の時間内に決まった不動産会社で建物を建ててくれるなら売りますよというものです。 一見買主にしてみると大きな制限がありそうな感じです。制限は2つだけで、特定の建築会社を選ぶことがまず一つです。特定の建築会社さえ選べば特にどのような一戸建て住宅を建てても制限がないことがほとんどです。

なぜ条件付土地が存在するのか

もう一つは建築するまでの時間制限です。この時間制限があって初めて1つ目の特定の建築会社を選ぶことという条件が生きてきます。なぜなら時間制限がなければ、特定の建築会社を選んで建築するというのが100年後でもよいということになります。 そのような意味のない条件にならないように大抵は時間制限が付いています。 では、なぜこのような条件付き土地というものが使われているのでしょうか。もし、普通に一戸建て建売住宅として土地を売れば、買主は間取りを自由に選択できないため、なかなか売れないことがあります。 逆に、一戸建て注文住宅を建てるとすればどの建築会社を選んだらいいかがわからず時間が経過してしまいます。そこで、条件付き土地にすることで、土地と建物建築がセットになっているため計画も建て易いのです。

m
このエントリーをはてなブックマークに追加